ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレーティングとは、お金を借りたい個人とお金を運用したい個人や法人を結び付けるサービスのことを言います。
サラ金と大きく違うところは、色々タイプがあることです。
例えば、寄付型のソーシャルレーティングは資金提供者にリターンは発生しません。
ですが、投資型はお金を借り入れした人間に資金を融資した者に、リターンが発生します。
どのようなタイプを利用するかによって、資金提供者と資金を必要としている者の立場が変わります。
資金を必要としている者にとってはそこまで変わりありませんが、資金を提供する側にとっては、寄付するのか、リターンを考えて投資するのかは全然違います。
こういったソーシャルレーティングのサービスは最近よく利用されています。

こちら


ただ利用する側の人間に多いのが、パチンコ事業主やキャバクラなどの水商売の経営者などが多いようです。
銀行やサラ金会社では借り入れすることが難しい職種の人の利用が多いということです。

自己破産にかかる費用

借金で首が回らなくなった時の最終手段が自己破産です。自己破産手続きを行うことで膨れ上がった借金はきれいさっぱりなくなり、新たな人生の第一歩を踏み出すことが可能になります。もちろん資産整理や職業に関する制限なども同時に行われますが、借金問題に苦しむ人の強力な切り札である事実は揺らぎません。
借金解決の最終手段である自己破産ですが、お金のない多重債務者にとっては手続きにかかる費用も大きな問題です。

こちら

自己破産手続きにかかる費用が高額であれば手続きそのものをすることができませんし、せっかくの救済制度を活用できないことになってしまいます。
弁護士や司法書士に自己破産手続きを依頼した場合、費用は20万〜30万円程度が相場です。料金の設定は自由なのでもっと安く済む場合もありますが、大手事務所などに依頼すればこれ以上の料金を請求されることもあります。
自己破産手続きにはいくつかの種類があるのですが、すべての手続きを自分で行えば費用を安く上げることが可能です。高額な財産が無く破産管財人による面接調査の必要が無い場合に行われる「同時廃止」による自己破産であれば、手続きをすべて自分で行うことが可能です。
その場合にかかる費用は、申し立て書類に貼る収入印紙代1500円、最初に切手の代金として納める予納郵便代3000〜15000円、管財費用として納める予納金10000円〜30000円が必要になります。

こちら

高くても5万円あれば自己破産手続きができますから、なるべく費用を少なくしたい場合は自己破産手続きを自分で行いましょう。

貸金業者の登録とは

サラ金でお金を借りる場合、信頼できる業者を選ぶ必要があります。
サラ金会社の無登録営業は禁止されていますので、そうした業者にはつかまりたくないものです。
貸金業者の登録は、3年ごとに更新しなければならないと決まっています。
その登録回数は貸金業の登録表の登録番号や、新聞広告に掲載している登録番号のあとに掲載されており、登録して3年以内だと(1)、6年以内だと(2)、9年以内は(3)になっています。

こちら


この数字が多いほど、長くサラ金会社を続けているということになります。
サラ金会社を長く続けているということは、それだけ消費者の支持があるともいえますから、店を選ぶ基準のひとつということもできるでしょう。
さらに、各都道府県の社団法人の貸金業会の会員であるということも基準の目安になります。
登録業者すべてが協会の会員というわけではないのですが、会員である業者は協会の指導、勧告を受ける立場にあり、協会は金融監督庁や都道府県など監督行政庁の指導、管理下に置かれています。
登録して会費を払えば協会に加入することができるのですが、その会費を惜しむような業者は信頼できる業者とは考えにくいでしょう。
また、日本サラ金協会の会員であるかどうかも大きな基準になります。

サラ金
こちら


  次のページへ>>