信用情報機関ってなに

信用情報機関ってなに

お金を貸して金利を得ることで成り立っている金融機関ですが、その利用には必ず審査が行われます。

私たちが融資の申し込みの際に作成する申込書にはさまざまな個人情報があり、それを提出した後、審査が開始されます。一見するとその書面に書かれている事を元に審査していると思われるかもしれませんが、申し込み書の内容以外に重要な情報を参照しています。

金融会社は申し込み書を見た上で、申込者の金融会社との付き合い実績について調べます。それはサラ金などのキャッシングだけでなく、クレジットカードのショッピングや自動車ローンなどの銀行ローンなどの利用履歴など、お金の契約に関するほとんどの情報を審査対象とします。

いつ、いくらの与信枠(借入可能額と同義)で利用かいしして、返済が遅れたことなどがないか、完済しているか、また現在利用中であれば利用残高はいくらあるのか、といった情報です。

こちら



こういった情報は金融会社独自に蓄積することが難しいため、国内にある信用情報機関を利用するというものです。金融の契約時には必ずこの「信用情報機関に情報を開示する」ということが条件になっており、契約するにはこれに同意する必要があります。

結果、クレジットカードの利用やサラ金の利用とその取引内容についてはすべて信用情報機関が管理することになるわけです。

新たに金融機関に申し込んだ際には、必ずこの信用情報機関を参照されることになりますので、「他社借入が無い」などについてウソの申し込みは必ずバレますし、過去に遅延や滞納があった場合は審査通過に影響する材料となります。

こちら



また、債務整理などを行うことで俗に「ブラックリストに載る」という表現をしているものは、この信用情報機関に「取引事故」といったニュアンスで記録されている状態のことを指します。取引事故を起こした利用者が網羅されている黒塗りの帳簿があるわけではありません。

消費者金融の審査方法とは?

サラ金の審査方法はそれぞれの審査基準によって若干の違いはありますが、勤務形態や年収や勤続年数などの信用情報と、他社からの借り入れの状況などを審査基準に照らし合わせて審査をすることが普通です。たいていのサラ金ではそれらのいわゆる属性をスコアリング(点数化)し、合計によって融資可能か、そして融資可能ならばどのくらいの融資限度額をつけることができるかを判断します。

こちら

属性をスコアリングすることによって素早い審査と融資を可能しています。特に大手のサラ金では審査におけるスコアリングがシステム化しており、即日融資などの素早い審査ができるようになりました。
重視される属性はサラ金によって大きな違いはなく、どのサラ金でも最も重視するのが審査を受けた人が融資したお金を返済できるかどうかということです。次に信用情報機関が管理している個人信用情報の借り入れ履歴などの過去の金融情報も重視されています。

外国人でも消費者金融からお金は借りられる

外国人であっても、サラ金からお金の借り入れをおこなうことは可能です。
しかし、それにはいくつかの条件があります。
まず、在留カードか特別永住者証明書を提示する必要があるのです。

こちら


もちろん本人確認書類はこれらとは別に必要になってきます。
次に安定した収入があるのかというチェックがあります。
これは、日本人における借り入れの審査と同じで、最低でも勤続1年以上は必要とされているのです。
この審査に関しては外国人だから厳しいということはなく、日本人と同じなので安心しておきましょう。
そして、日本語がしっかり話せるかというチェックもおこなわれます。
サラ金も外国人向けの書類は作っておらず、契約も日本語のものでするということになりますので、それがしっかりと理解できない場合には契約をすることができません。
ですので、ある程度の日本語力は必要ということになります。
外国人がサラ金を使うといった場合には、これらのことが必要になってきますので、利用前にしっかりと確認しておきましょう。


こちら


<<前のページへ   次のページへ>>