家族や会社にバレずにキャッシングカードを作りたい!

家族や会社にバレずにキャッシングカードを作りたい!

お金の工面が必要になったときにサラ金はとても便利な存在です。しかし、便利なサービスとはいえお金を借りる契約となると家や会社に連絡がいって、家族や会社の人にバレてしまうのでは…。そんな不安を持っている人は少なくありません。

ここでは家族や会社に内緒でサラ金のカードを作る手法についてお話します。

先に知っておきたいのはどのようなケースで家族や会社にバレる可能性があるのかということです。最も可能性として高いのは金融会社からの郵便物による家族バレです。

サラ金のカードローンを契約するとキャッシングカードや契約書の控えが郵送されてきます。封筒に金融会社の名前がそのまま書かれている事はありませんが、知らない所からの郵便物ということで不信に思われるかもしれません。

こちら



ただし、これは回避が可能でネットで申し込み・審査を完了した後で、自動契約機(無人契約機)に足を運び、キャッシングカードと契約書の控えを受け取ることで、郵送されることを防げます。

そのほか、キャッシングを利用すると利用明細が発行され、郵送されますがこれについてはwebで明細を確認するサービスに申し込む事で郵送を止める事ができます。

次に会社についてですが、契約に際して「在籍確認」よ呼ばれる「申込書に書かれた勤務先に在籍しているか」を電話で確認するようになっています。これについては担当者の個人名で電話がかかりますのでコレでバレるということはほとんど無いと考えても大丈夫なレベルです。

こちら



しかし、それでも会社への電話は一切してほしくないという方のために、書類で在籍確認を行ってくれる場合があります。これには社員証や給与明細など、勤務していることが分かる書類を写真に撮り、ネットで送信することで完了する便利な方法です。

ただし、アコムだけはかならず電話で在籍確認を行うことになっていますので、書類在籍確認を利用したい方はアコムは避けるべきです。

審査に落ちた実績は残るの?

過去にサラ金の借入れ審査に落ちた経歴。これはデータとして残るのでしょうか?

その答えは、残念ながらイエスです。サラ金機関各社は、信用情報機関と呼ばれる場所によって、過去の利用データや照会の経歴が共有されています。なので、1度審査に落ちた場合、次に他社に申込みを行っても審査が通らない可能性が高いと思われます。

こちら



こういった履歴は、収入が安定していない感じを思わせるので心象が悪く、審査が通らない可能性が高くなってしまいます。
あと、短い期間で複数のサラ金に申込みを行う場合も同じです。サラ金機関で共有されている情報は、他社で申し込んだ履歴や過去の審査履歴も確認できます。このような経歴は、借入れ申込みが頻繁に行われていて、悪い印象を与えます。今後のことを考えると不利になる行為なので、これもやめましょう。

消費者金融の便利な無利息期間サービスとは

サラ金からお金を借りると、返済の際に利息を付けて返さなくてはならなくなります。金利が高いと支払う利息の金額も大きくなる為、サラ金からお金を借りる際は極力少ない利息で済む金融機関を探すことが重要になります。

こちら


近年のサラ金では、無利息期間サービスが行われていることが多くなっています。無利息期間というのは、どれだけ高額のお金を借りても元金に対して利息が発生しない期間のことです。つまりこの期間中に借りたお金を全額返済することが出来れば、一切の利息負担が発生しないというわけです。
無利息期間サービスの長さは、サラ金会社によって異なります。借り入れから7日間の無利息期間サービスが提供されている会社が多い傾向がありますが、中には30日という長い無利息期間が利用できる会社もあります。所定の条件を満たしていれば半年ほど無利息でお金が借りられるサラ金も存在しています。
無利息期間サービスの利用条件は各サラ金で異なっています。事前に利用条件をきちんとチェックしておけば、スムーズに少ない負担でお金を借りる事が可能になるでしょう。

初めて消費者金融
こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>