カードローンの基本

カードローンの基本

カードローンは誰でも利用できるものではなく、金融機関の審査を通過できた人だけが利用できるものです。審査はどんな金融期間でもあるものですよね?

大前提として利用申込書は誤字脱字、記入項目の漏れ、抜けなどがないよう、きちんと記入することが重要です。

実はこの時点で審査を通過できない人が、意外に多いんですよ。

氏名・生年月日は金融機関が個人信用情報機関に参照をする場合に重要な情報となります。この時に誤字・脱字などがあった場合にはとても面倒なことになるので十分注意しましょう。

さらに住所・電話番号も正確に記入するようにしましょう。借家より持ち家のほうが信用度は高いですし、ローンが残っている人よりも、残っていない人のほうが良いです。また携帯電話だけよりも固定電話の番号があるほうが信用度は高いです。

ただ、住宅ローンの有無などは、すぐに変えることができません。あくまでも正直に書きましょう。嘘をついた、と思われれば信頼されません。

もう1つ重要な職業です。正社員・公務員は最も信用されます。それに比べて派遣社員やパート、アルバイトなどは信頼度は低くなります。ここで嘘の内容を記入すると、勤務先には在籍確認の電話が必ずかかることになりますのですぐにばれてしまいます。

こちら



ごく一部の審査内容ですが、とても重要な項目なので、カードローンを利用する場合にはしっかりと確認しておきましょう。

サラ金の利便性の活用

新しい貸金業法の施行以降、サラ金の上限金利が大幅に低くなり、また総量規制によって貸出枠が設けられたことで、サラ金は安心して借入のできる金融機関になっています。また、サラ金のメリットを有効に生かせば、効率的なお金の使い道を築くことができます。

サラ金の一番のメリットは、融資におけるスピードにあります。審査が非常に速く、数分から遅くとも30分以内には結果が出てきます。そのため、申し込んだその日にお金を借りるということが可能になります。すぐに必要、という時にはとても便利です。

返済方法もコンビニのATMが利用できるので、通勤帰りや、買い物ついでに返済することができますし、遊びに行った場所にあるコンビニから返済することもできます。

サラ金のメリットには他にも、利息が日割計算になっている、ということがあります。3日後には給料が入るけれど、今じゃなきゃダメだという時、銀行のカードローンやクレジットカードのローンだと、通常1ヶ月分の利息を払うことになりますが、サラ金のローンなら、給料日までの3日分だけの利息でローンを利用することができます。

こちら



また、休日や夜間に銀行口座からお金を引き下ろすと、100円から200円の手数料を取られます。しかし、サラ金のローンなら、1万円を借りたとしても翌日に返せば利息は10円程度で済み、銀行の手数料よりも安くなります。

サラ金のローンは、金利が銀行ローンに比べると高くなっていますが、利便性を上手に活用すれば、お得になることも少なくありません。

サラ金について思うこと

「サラ金」と聞くと、一般的には良いイメージよりは

悪いイメージの方が強いと思います。

実際に、「お金を貸して、金利を取ることで成り立っている商売」

ですので、良い印象がもてないのは無理も無い話ですね。

では、本当に「サラ金=悪」なのでしょうか。

考えてみたいと思います。

まず、仕事というのは、「需要と供給」で成り立っています。

「サラ金」の場合は、「お金に困っていて、借りたい人間」が

いる限りは、常に「需要」がある状態になりますね。

こちら



ここで、私が思うのは、「お金に困っていて、借りたい人間」が

「お金を借りる場所や手段」が、「サラ金」しかない場合、

どうしたら良いのかということです。

まず、どうしても「お金」を借りなければならない場合、

本来であれば、利息のつかない方法を選びたいのは

当たり前のことです。

利息のつかない方法=親や兄弟、友人、知人などに借りると

いうことですね。

ただ、借金をすること自体が恥ずかしい、心配をかけてしまう

という観点から、実際に身近な人間に借金を頼むのは

避けたいと考える人が多いと思います。

次に考えるのは、公的機関などを利用した、もっとも低金利で

借金をする方法。

ただ、これも、申請のための条件が厳しいことがほとんどで、

現実的ではないと思います。

で、その次の方法として、銀行ローンで、金利をおさえて

借りる方法。

ネット銀行の普及などにより、以前よりは、審査が甘く

なったり、敷居が低くなったとは思いますが、それでも、

勤続年数が浅いなど、いわゆる属性の低い人間では、

利用できないケースがまだまだ多いと思います。

こちら



と、このように、消去法で考えていくと、「サラ金」

しか選択肢がないという人が出てくるわけです。

もちろん、借金の理由が「ギャンブル」や「散財」

など、本人の責任である場合は自業自得ですが、

「身内の借金をかぶった」「リストラや病気でどうしても

生活ができなくなった」など、やむをえない事情のある

ケースもあると思います。

なので、私が思うのは、その時の「借金」がその後の人生を

正しく生きていくためのきっかけになるのであれば、

必ずしも「サラ金が悪」にはならないと思うのです。

ただ、人間は楽な方に流れていくものですから、借金を

繰り返す人の方がはるかに多いのが現実でしょう。

結局は、「サラ金を利用した後」にどう人生を立て直して

いくのか、に尽きると思います。

即日融資
こちら


<<前のページへ   次のページへ>>