サラ金と過払金返還問題

サラ金と過払金返還問題

利息制限法の上限を超える高金利を支払わされた人が、サラ金会社に対して、過払金の返還を求めた訴訟の上告審判決が、最高裁第一小法廷でありました。この訴訟では、仮払金返還請求権の時効の起算時が、取引の終了時であるか、仮払金の発生時であるかが争われました。判決によりますと、限度額内なら何度でも借り入れ返済を繰り返すことが可能な「リボルビング方式」などの継続的な金銭消費貸借契約では、その取引を継続している間は普通、借り手側の債務者が過払金を請求することの想定はなく、時効は進行しないとしました。つまり、過払金返還請求権の時効の起算時点は、その金銭消費貸借契約の終了時点にあると判断しました。

さて実務上過払金の請求を進めるためには、取引履歴がすべて必要です。取引履歴をすべて残している債務者は少なく、不足する取引履歴はサラ金業者に提出してくれるように依頼することになります。業者は自分に不利になることですから、二つ返事で出してくれることはありません。書類が手元に揃うと弁護士や司法書士などは利息制限法に基づいて過払金の額を計算しなければなりません。

こちら

過払金が出たらサラ金業者と交渉しなければなれません。大変な労力のいる仕事です。業者は取りすぎた利息を簡単に返済するわけもなく、訴訟になることが少なくありません。

この作業を機械的に済ましてしまう弁護士が多くなっています。機械的に済ますと、過払金を取り返してもらう債務者と弁護士との間にミスマッチが発生してトラブラになる可能性があります。このように過払金の問題はサラ金業者と債務者、債務者と弁護士、弁護士とサラ金業者の三者による複雑なトラブルに陥る可能性があります。債務者はお金が戻ると小躍りするのではなく慎重に問題に対処したいところです。

サラ金を利用するメリットについて

お金を借りる方法にはいろいろなものがありますが、意外とメリットの多いのがサラ金の利用です。ここでは、そんなサラ金のメリットについて挙げてみます。

まず、サラ金のメリットとして挙げられるのは、利息の計算方法です。

こちら

使った分だけの日割り計算になっているので、利用日数が短ければ短いほど支払う利息は少なくて済みます。従って、場合によっては銀行で夜間にお金をおろす際のATM時間外手数料よりも利息が安い場合があり、預金を下ろすよりも借りた方が支払総額が安く済むという結果になることもあります。

次に、審査の早さというのも大きなメリットと言えるのではないでしょうか。サラ金では、申し込んだその日に審査が行われ、その日のうちに融資をしてくれるところも多くなっていますので、急いでお金を用意しなければならない時には非常に助かります。

あとは、多彩な借入方法や、返済方法が用意されているので、ライフスタイルや都合に合わせた借入や返済が出来るというのも、忙しい方にとってはうれしいメリットとなります。

このように、サラ金には数多くのメリットがありますので、お金が必要になった際には利用してみてはいかがでしょうか。

金のカードが気軽に使うな!いざというときに!と言っている

生活しているとお金が必要なときと入ってくるときに時間的ズレが生じること多くないですか?

私が最近体験したその時間差は法人の設立でした。

こちら



特殊な事例ですが、似たような事例はよく起こりうる。

要するに「立て替える」という行為。

法人の設立前にはお金がかかります。

かかった分はあとから資本金として算出するためにすでに支払い済みの金額を口座に入れておかなければなりません。

矛盾していますよね。

支払い済みの分というのはもう手元にないお金。

でも、資本金として算出するために登記するその日に口座になければならない。

ここでプロミスにお世話になりました。

法人化前に個人として使った分、要するに法人がまだ存在しなかった為に個人で立て替えている分。それは個人でプロミスから借りて支払い、法人誕生後に個人に支払いました。

そしてプロミスにも返済する。

とても効率が良かったです。なぜプロミスを選んだか?初めてのサラ金の利用でしたが、初回は30日まで無利息というキャンペーンが決め手でした。

こちら



これで「どうもこの度はお世話になりました!」ではプロミスにとって私はお金にもならない客だったわけですが、やっぱり一度体験すると少し変わってきます。

ネットで借りてコンビニで返せる。

これから生活していればお金の必要な時と入ってくる時のズレはやっぱり訪れると思います。

手元にプロミスカードがあるだけで、突然、必要になった時の最初のリアクションが「まずい!」から「計算してみるか・・・」にかわるのだと思います。

それだけでもちょっとホッとしますし、「まずい!」と思って踏み込めなかったことでも、上手に計画を立てればクリアできる踏み込むことができた世界なのかもしれません。

しっかり計算して計画ができれば良きパートナーになれるのだと思いますよ。カード入れに入っているプロミスカードは金色でいつでもスタンバイしています。逆にその金色がやたらめったら使うものじゃない!いざというときに!というメッセージを発しているようにも思えます。

即日融資
こちら


<<前のページへ   次のページへ>>