消費者金融に助けられました

サラ金に助けられました

サラ金に助けられましたという事ですが、つい最近サラ金さんに助けられました。そのエピソードをご紹介します。

あれはつい先日のことです。いつものように彼女と一緒に東京に買い物に出かけた時の事です。二人で楽しく洋服やアクセサリーなどを購入して楽しんでいたところ、途中で持っていった3万円が底をついてしまいました。しょうがないのでコンビニに行きカードに残されていた3万円を卸しました。その3万円のうち1万円は帰りの高速代の為に残しておくつもりだったのですが、何と全くそのことを忘れてしまい、洋服と夜の飲食代として3万円全て使い切ってしまったのです。

その事に気が付いたのは帰りの車の中でした。「やばい!」と思った時には財布の中にもカードの中にもお金は残っていません。もちろん彼女もそれは同じことです。しまったと思い、高速じゃなくて下道で帰ろうとしたのですが、下道で帰ると6時間もかかってしまいます。6時間はいくらなんでもかかり過ぎです。

あれこれ考えた結果、先日つくっておいたサラ金のカードの事を思い出しました。何か必要な時もあるだろうと思い作っておいたのです。そのカードにて近くのコンビニに立ち寄り1万円をキャッシングすることが出来ました。そして、そのお金で無事、高速道路を運転して家路につくことが出来ました。

こちら



以上のように無事家路につけたのも全てサラ金にてお金を借りることが出来たからです。本当にカードを作っておいて良かったと思っています。

利用枠を広げるには信頼を得ることが必要

「借金」というフレーズには、あまりいいイメージは持っていませんが、個人的な意見から言えば、僕はサラ金での融資はアリだと思っています。こうしたサラ金が悪者になるのは、あれはドラマか推理小説でのフィクションであって、実際には法的にも認められた機関なんですよね。僕の知り合いでもけっこういますよ、サラ金派と呼ばれている人たちが。

そんな仲間におもしろい話を聞きました。それはサラ金での融資の利用枠(利用限度額)のことなんですね。これまでそういう機関で融資を受けたこののない僕にも、これは少々気になりました。で、いくらまで融資を受けられるのかと言いますと、これはやっぱり利用者個人の経済状況によって違いが出てくるらしいのですね。考えてみればそれもそうですよ。いくらサラ金が便利だからと言っても、返済不可能なほどの額を融資するわけがない。それはきっと、利用者の身の上を考えてのことなのでしょう。

知り合いから直接聞いたことなのですが、融資が受けられる限度額は、だいたいその利用者の年収の3分の1以下ということですね。

こちら

それ以上の融資を受けることは事実上不可能だということです。まあ、当然のことですが、それと同時に利用者が未婚か既婚か、他社からの借入れはどうか、あとは仕事の勤務状況はどうか、などなど、いろんな要素を考慮して限度額が決められるそうですよ。

ただ、その後の利用状況次第で、この融資枠をさらに広げてもらうこともできるそうです。この条件はただ一つ、サラ金からの信頼ですね。延滞をしないということ。これがなかなか難しいという人がいるようですが、やっぱり融資を受けるにはそれなりの計画が必要ですからね。

サラ金の過払い金「引き直し計算」って自分でできるもの?

最近、サラ金の過払い金請求を引き受ける司法書士や行政書士のTVコマーシャルを良く見かけます。曰く「引き直し計算から、内容証明送付まで」とか、「引き直し計算はおまかせ」とか。それだけ、この分野のニーズが高くて、たくさんの依頼があるということなのか、はたまた、サラ金業界の変貌ぶりが激しいので、少しでも回収の見込みがあるうちに!ということなのか?実態のほどは、今一つ定かではありませんが、貸金業法の改正に伴い、過払い金を回収したい!という、顧客の意識が高まっていることの表れなのかもしれません。

こちら



さて、この「引き直し計算」ですが、司法書士や行政書士にお願いしてやっていただくとなるとそこそこに費用が掛かることになります。「なんとか自分でできないのか?」とお考えになる方も多いようです。

結論から言えば、自分でできないということはありません。なにしろ、掛け算と引き算と足し算ですから、地道にやっていけば、紙と鉛筆だけでも不可能というわけじゃありません。電卓があれば、なお、良いでしょう。

引き直し計算、というのは、要するに、「高すぎる金利で計算された利息の金額を、正しい利率で計算しなおして、払いすぎた金額を算出する」というだけのことです。ですから、小数点の算数ができるのであれば、だれでも計算そのものは可能です。

ただし、この計算のためには、これまでの「取引履歴」の入手と、更に地道な努力が必要になります。計算はパソコンのフリーソフトなどを使って行えば比較的短時間で正確に済ませられますが、取引履歴の開示で手こずってうんざりさせられるケースも多いようです。

携帯電話から行えるキャッシングの申し込み

キャッシングを利用するためには、審査に申し込みを行って通る必要があります。現在ではインターネットを利用して24時間年中無休で申し込みの受け付けが行われています。

こちら



キャッシングの申し込みを行う場合に、携帯電話から行う事によって審査はさらに簡略化されます。本人確認と連絡先に対しての項目が、携帯電話の製造番号を登録しておくことによってクリアされるからです。

携帯電話からのキャッシングの審査に要する時間は、わずか数分程度です。合皮の判明に時間がかからないので、審査に通らなかった場合でも次の対策に早くとりかかる事が出来るのもメリットと言えます。

サラ金系のキャッシングであれば、18歳以上で収入があれば、審査に申し込む事が可能です。非常に利用しやすいという点が、こういった金融機関の長所となっていますが、携帯電話を使用する事によって、さらに利便性を向上させる事が可能です。

インターネットの口座を保有していれば、そこから入出金を行う事が出来るので、わざわざ外出する必要もありません。大金を持ち運ぶ必要がないという事からトラブルに遭遇するリスクも軽減させる事が出来ます。インターネットを利用したキャッシングは、未来型の金融機関の利用方法だと言えます。

キャッシングは、色々な業界によって行われており、場合によってはインターネットでの申し込みが行えない場合もあります。事前に審査の内容をよく把握しておく事が必要となっています。


こちら


<<前のページへ   次のページへ>>