弁護士に頼んで消費者金融から過払い金を取り戻そう

弁護士に頼んでサラ金から過払い金を取り戻そう

この不景気な時代、生活費が不足してしまうということがあります。勤めている会社の売り上げが落ちて、給料が減ったというひとも珍しくないのです。そうして生活費が足りなくなったときは、どうするかというと、やはりお金を借りるのが最良です。借金、というと何か悪いものであるかのようなイメージを持っている人もいますが、決してそんなことはありません。生活費が足りないのですから、それは仕方がないことです。実際数多くの人がサラ金などで、お金を借りて、それによって生活をしているのです。しかし、サラ金などでお金を借りると、当然のことですが、そのお金を返さなくてはいけません。もちろん、元金だけでなく利子も含めて返さなくてはなりません。これは当然のことであり、何の疑問もなく払っている人がほとんどだと思われます。ところが、払わなくてもいいお金を、払っている人も多くいるのです。法律によって、支払う必要がないとされている金利を要求するサラ金が多くあるのです。ですが、お金を借りたという引け目があって、いわれたとおりに払っている人がいるのです。この過払い金は、サラ金と交渉をすれば、必ず返してもらえます。しかし、過払い請求は、何かトラブルが起こってしまうのではないかと考えて、二の足を踏む人も少なくありません。確かに、サラ金によっては、法律の素人である我々からの過払い請求を無視するという場合もあります。

こちら

ですから、確実に過払い請求を成功させるためにも、弁護士に頼むようにしましょう。弁護士ならば、こうした過払い請求の問題になれていますので、サラ金とうまく交渉をしてくれます。サラ金も、もし、弁護士と交渉をして過払い金を返還しないなどと主張してしまうと、裁判になるのではないかと恐れて、簡単に過払い金を返還してくれるのです。弁護士に頼めば、確実に過払い金は戻ってくるのです。ですからなるべく弁護士に頼むようにしましょう。

サラ金に救われた

私は以前、サラ金に救われたことがあります。

それは、数年前のことでした。会社の給料日は、いつも月末であり、その日に指定の銀行口座に振り込まれるのでした。

その銀行は、会社が指定したいたので、その銀行以外の口座は、認められていませんでしたし、給料の手渡しも、同じく認められていませんでした。

しかし、私には、そこ以外の、愛用している銀行がありましたので、給料が振り込まれたら、そこの口座から、すぐにでも引き落として、他の口座へ移し返すようにしていたのです。

ですから、その口座は、給料専門となっていたのです。

こちら



そして、いつもの様に給料が振り込まれたのでそれを引き落としました。そして、帰宅すると、カバンに入れておいたはずの給料が見当たらないのです。思い出してみると、銀行からの帰り道、その時は、自転車に乗っていたのですが、交差点で、スピードの出し過ぎであった自動車とぶつかりそうになったのです。

そして、自転車から転げ落ちそうになったのです。その時に、カバンが自転車の籠から地面に落ちました。

その時は、危険な運転をしていた自動車に腹がたったので、他のことに頭がいかなかったのでしょう。おそらくその時に鞄の中に入れていた、お金を落としたのです。

直ぐに警察へ行って事情を話しましたが、いつまでたっても給料は見つかりませんでした。一ヶ月間、生活に困るというので、仕方なくサラ金でお金を借りたのですが、金利も低くすぐに貸してくれたおかげで何とか乗り切ることができたのです。

利用できることは利用しよう

先だって、初めてアイフルで融資を受けました。

私の父は典型的な無頼派で、飲む・打つ・買うを繰り返す人生でした。

ですから当然、母は私にそうなってほしくないと、いつも借金の怖さを吹き込まれて育ちました。母なりの努力だったんだろうな、と今では思います。

こちら



しかし、大学に通った時に意外に借金をする友人がいたのには驚きました。

ミュージシャンに憧れてバンド活動を頑張っている友人は、よく借金をして機材を購入していた。また、学生起業家を目指していた友人も、借金して当時ものすごく高価だったノートパソコンを購入していました。

「借金は絶対してはいけない。この世の終わりだ」という常識で育った私は、その後の友人達の姿を注意深く見ていたが、特に何ともない様子です。

むしろ欲しかったものを手に入れて、ホクホク顔で人生を楽しんでいる感じなんです。

あれあれ?とも思いましたが、返せる宛もないお金を借りるのは無謀かもしれませんが、計画的に上手に利用すれば、欲しいものも早く手にはいります。

そういう友人の姿を見ていて、小さい頃からのコンプレックスだった借金ですが、この間初めてアイフルに申し込んでカードを発行し、そして初めて個人融資されました。

ちょっと予定外の出費がかさんでしまったからです。

結果的にはとても生活が楽になりました。これもアイフルさんのおかげです。

学生ローンが利用できるバイト収入、ってどんなもの?

学生ローンを利用するにあたって、完全に無収入では申し込みをしても審査は通りません。「バイト収入など、定期的な収入があること」は、学生ローン(または学生キャッシング)の条件の一つになっています。

こちら

学生ローンは、サラ金の一つであることには変わりなく、信用貸付による取引を行っているという点ではサラ金と同じです。取引相手が学生であるということから、金利を下げ、また、「学生」といっても、20歳を過ぎた成人の、大学生以上(定時制高校の成人学生の場合は、どうなのか?はちょっと分かりませんが、原則として)を、対象としています。

民法では、未成年の法律行為は親が取り消しを行うことができる規定を定めていますので、未成年にお金を貸すことは、業者からもリスキーな行為ということにもなるからでしょう。

さて、この「バイト収入」というのは、どの程度のことを指しているのか?が、気になるところですね。定期的な収入、という言葉の通り、「週に3日程度、定期的な勤務をして毎月固定的に収入がある」という状況を想定しています。例えば、月に何日か仕事をする、とか、収入がお小遣いレベルである場合は、返済能力があると期待される収入と考えることは難しいでしょう。また、月に何回か働くとしても、その金額が生活できるようなレベルであれば、ちょっと、話が違ってくるかもしれません。標準的な判断としては、「アパート代は親に出してもらっても、食費などは自分で賄えている」という状況が目安の一つだと思われます。


こちら


<<前のページへ   次のページへ>>