借入二社目の金融機関としてプロミスを選びました

サラ金は便利ですが借りすぎには注意しましょう

サラ金は、いつでも好きな時間に借り入れをする事が出来て、大変便利です。利息も最近では法外な利息ではなくなり利用しやすくなっているので、お金に困っていない人でも、もしもの時のために申し込んでいる人が多いと思います。

ただ、借り入れをする際には十分に計画を立てて、必要以上に借り過ぎないようにする事が大切です。下がったとは言え、サラ金の利息は非常に高いです。借り入れをした場合には出来るだけ早めに完済する事をオススメします。

私が利用する際には、必ず無利息サービスのある会社をまず選ぶようにしています。利息さえ高くなければサラ金のサービスは最高です。ですから、無利息で返済できる金額だけ借りる事が多く、完済する時に利息を払った記憶はここ最近ありません。

審査があるので、無利息サービスを受けられる会社から借り入れを毎回出来るわけではありませんが、優先的に申し込みを行う会社を選ぶときに重視するポイントとして、無利息サービスは非常に魅力的です。

こちら



皆さんもサラ金を比較した時に、自分に合った会社がきっとあると思います。ネットの比較サイトには、利用者の書き込みが多数掲載されています。メリットだけでなく、デメリットも把握できるので、比較サイトの口コミはとても参考になります。

もしあなたがサラ金を利用した際には、口コミに詳しくメリットとデメリットを書き込んでいただきたいと思います。その書き込みが次に利用する方の参考になり、サラ金を正しく利用するきっかけになるかもしれません。

サラ金について知っておきたい「意外な落とし穴」

サラ金会社の比較サイトなどを見ると、よく表現的に使われるのが「審査が甘い」といった表現が掲載されている場合があります。しかし、サラ金会社にとって甘い審査などあり得ません。

大手といわれる会社や銀行系のサラ金は、軒並み審査が厳しいです。比較サイトなどの情報を鵜呑みにし、審査をする、落ちるを連続して行った場合、その「落ちた情報」が信用情報として会社に記録されてしまい、ますます審査に通りづらくなってきてしまうのです。

こちら



また、「800万円の限度額」という数字もマジックです。例えば、400万円借りようとすると、1,200万円の保証人が必要になります。ということは、もはや一般人にはそこまでの限度額はつかない上、弁護士や医者並の年収がある人でなければ、そこまで行かないのが現状なのです。

サラ金でお金を借りるというのは、確かに緊急性を帯びた出来事に対して必要になった場合、お金を借りることができます。すぐ返せばそんなに金利で困ることもないですし、大きな問題を抱えることはありません。しかし、審査を何度もくり返したり、そのたびに落ちるといったことを安易にくり返した場合、いざ借りようと思ったら、借りる残高が全くないということにもなりかねません。

現在、2009年に改正された貸金業法により、どこのサラ金会社も銀行も「貸し渋り」が起こっている現状です。自分がどこまで借りられるのかをしっかりと見極め、できればサラ金に頼らない生活を送ることが一番なのかもしれません。

こちら

付き合い方次第

サラ金というと何を連想しますか?

生活苦・浪費・ギャンブル・多重債務・自己破産・取り立て・夜逃げ等様々な事が連想されます。

どちらかといえば、ネガティブな連想になるのではないでしょうか。

多くの人は親から「借金はするな」と教育を受けて育ってきたのではないでしょうか。

その為、借金(サラ金)=悪い物という図式が出来上がり、連想する物もネガティブになってしまっているのではないでしょうか。

借金というのは悪い物なのでしょうか。ほとんどの人が利用する「銀行」は借金をさせる事により、商売を成り立たせております。

そのおかげで、安い手数料で利用する事が出来るのです。

また、日本国自体も毎年何十兆円もの膨大な借金をしております。

私が言いたいのは、借金(サラ金)が悪い物ではなく、これを利用して自らを滅ぼしている人が悪い物なのです。

サラ金会社は口癖のように「ご利用は計画的に」と訴えております。

こちら



それを無視し、散在し、借金で首が回らなくなり、社会に迷惑をかける者が本当の悪なのです。

私は現在、小さな会社を営んでおります。

その為、多くの成功を収めている経営者の方に合う機会が御座います。

その中で先輩方の苦労話を聞く機会も多く、資金繰りに困った時サラ金に助けられたという話も良く耳にします。

銀行は、どんなに今までの取引が良くても業績が悪くなった会社(赤字の会社)には借金させてくれません。

しかし、サラ金は社長個人の信用でお金を貸してくれます。

そして、会社の窮地を乗り切り、現在では多くの人に知られる会社となったと聞きました。

私はこれを聞いた時思いました。

人生は山あり谷あり。

困った時に助けてくれるサラ金。

とても社会にとって必要な存在だと思います。

もっと、評価されても良いのではないかと。

皆様もサラ金をご利用する際は、幸せを掴むために利用する事をお勧めいたします。


こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>