【体験談】アイフルでキャッシング

【体験談】アイフルでキャッシング

アイフルでお金を借りたのは2社目です。

初めてのキャッシングはアコムでした。

アコムでキャッシングというものに慣れてきたし、まだまだお金が必要だったためアイフルへ申し込みしました。

まず電話をして簡単な審査でキャッシングOKだったため、有人店舗で正式な申し込みをして20万円キャッシングをしました。

半年位してアイフルから増額の電話がかかってきたのでお願いして、最終的には50万円まで限度額がアップしました。

他社からもキャッシングしていたので50万円が最大だったようです。

毎月の返済はアイフルの店舗前にあるATMからやってたんですが、知ってる人に見られないかとヒヤヒヤしていたので、途中からコンビニを利用して返済していました。

コンビニの機械で返済の手続きをして、発行された用紙を持ってレジで精算するんですが、その紙にばっちり会社名が出ているので店員さんからは借金返済だ、と思われていたでしょうね〜。

こちら

ちょっと恥ずかしい・・・。

アイフルはCMも親しみやすい感じだったので会社に対しての怖さはなかったです。

気軽というか安易にキャッシングしていました。

結局完済すると決意してから2年くらいはかかりました。

他からもたくさん借りていたのでアイフル1社に返済を絞れませんでした。どこもまんべんなく返していました。

あの時は本当にお世話になりましたよ。どれだけキャッシングできて助かったか。

やっぱり大手サラ金はサラ金とは違う印象で上品です。

内情はわかりませんが。

返済日を忘れていたからといって特にペナルティーもありませんでした。

今は諸費者金融でキャッシングするつもりはありませんが、人生いつお金が必要になるかわかりませんから、またキャッシングをする時にはアイフルで借りたいな〜と思っています。

リピート率も高そうな会社です。

サラ金の特徴について

サラ金はいわゆる「ノンバンク」と称されているものです。

こちら

ノンバンクとは「銀行ではない」ということで、どちらにしてもお金を貸してくれるところにはまちがいありません。銀行との違いをチェックしていくとわかりやすいということもあるでしょう。それで、簡単にいうと銀行とサラ金との違いでは、「審査」の違いにあるということでしょう。銀行では融資としては維持した収入があることが第一の条件であるということがいえるのですが、サラ金のそれは銀行と比べたら審査が甘いというイメージがあります。幅広く誰でもにお金を貸せるように利率で利益を上げているのがサラ金です。審査のスピードとしても早めの審査がポイントで即日融資というような看板があるところも珍しくありません。それに比べると審査が厳しいですが、借入限度額は高く、融資利率が低いのが銀行です。

そして、銀行の融資などと比べると、融資額の借入限度が低く融資利率が高いというのが特徴です。それで、借りたい額が多く徐々に着実に返せるのであれば銀行の融資を考え、もし不可欠なお金が少額で至急に返せる見込みがあるのであればサラ金を選んで借りるという方法もあります。

こちら

即日融資ということでは銀行などではありえないですが、借りたい額やお金の使い道にあわせて使い分けるという方法もあります。しかし、どちらにしても着実に返せる方法で選択しないといけません。実際の利用方法としては、サラ金では銀行のキャッシュカードのようにATMやキャッシュでスペンサーを利用してお金を借りることができます。

外国人労働者とサラ金

グローバル化が進行する日本、外国人労働者の数は年々増えています。。

景気の低迷の続く日本、多くの新卒大学生が就職難で苦労している状況である中、外国人の労働者も、その多くが、不法滞在などの法律上の問題を抱えている。国際結婚で滞在資格を得ていても、実質上の仮面夫婦であったり、居住や就労についても、まだまだ日本人と葉大きな格差があるのが現状です。

そうした人々は、経済的な困難に陥ったときも、サラ金からの借り入れなどは、不可能な状況なのが実情です。

シンプルな表現をするなら「外国人は、サラ金では借金できない」という言い方も出来そうです。

こちら



ごく一部の、事業主や取締役など、セレブな外国人や、大学講師などの、比較的安定した収入がある外国人でも、よほどの好条件が揃わない限り、サラ金からの借り入れを申し込むことは難しいようです。サラリーマンとして日本の法人に勤務し、相当の定期収入がある人でも、住宅ローンの申込などで非常に苦労したという話も聞きます。

これは、外国人が審査で言うところの「属性」に問題があるから、ということのようです。

日本人でも、サラ金の利用に関して申込の住所が「不定」や「簡易宿泊所」などになっていて、居所が安定しない人は審査を通らないことがほとんどです。外国人の場合、たとえ、アパートなどにきちんと住んでいても、日本人のように「国から出ない可能性」は、非常に低いといえます。その不安定感が、返済を考えたとき、「踏み倒して帰国されてはかなわない」という貸す側の心理を刺激するのでしょう。

ビジネスである以上は仕方のないことですが、外国人には、まだまだ、サラ金は高嶺の花なのかもしれません。

即日発行クレジットカード
こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>