消費者金融の変化による利用上の注意点

サラ金の変化による利用上の注意点

サラ金は、小口の融資を行う金融機関として実績を積み重ねてきました。10万円ほどの金額を即日で借りる事が出来るというのは他の金融機関では行われていなったために、数多くの人がサラ金を利用する事になっていきました。

サラ金はサラリーマン金融と呼ばれていた時代もありますが、サラ金を利用していたのはサラリーマンだけではありません。主婦や学生やアルバイトや自営業者に至るまで、利用していました。健康保険証か運転免許証など身分証明書を1点用意すれば、即日で融資を受ける事が出来るというのが大きな理由となっていました。

このようなサラ金の長所は現在でも変わってはいないようです。特に10万円ほどの金額が必要な場合には、他の金融機関よりもサラ金を利用する人は多いと思われます。業者によっては無利息期間を設定している場合もあるので、金利の面でもメリットが大きいからです。

一方でサラ金の融資の枠も大きくなっています。利用可能額が300万円を超えるような内容の商品も用意されており、必ずしも小口の融資を行う金融機関とは言えなくなっています。さらに銀行との合併も進んでいるために、サラ金が行っていたブランド名であっても現在は銀行が行っているキャッシングである場合も増えています。

例えばほのぼのレイクといえば、大手のサラ金としてのイメージが強いブランドですが、現在レイクという名前のキャッシングは、新生銀行が行っています。

こちら

レイクのような形態を銀行系サラ金と呼んでいます。銀行系サラ金の商品は、総量規制の対象となる場合とならない場合があります。事前によく確認する事が特に必要な金融機関です。

借金が多くても幸せな先輩

わたしの会社の先輩Yさんはかなりのギャンブル好きです。

ギャンブル好きで、大判振る舞いです。

いつもわたしに奢ってくれたり、ご馳走してくれます。

ギャンブルは競馬とパチンコのようです。

パチンコの方がメインみたいです。

Mさんとわたしは同じ車で外回りなのですが、いつもパチンコ店で降ろします。

そして夕方迎えに行きます。

ただ単にパチンコ店に送り迎えしているだけです。

それだけで給料がもらえるので良い仕事です。

もちろんまったく仕事をしないというわけではありませんよ。

わたしもYさんも、短期集中で業務をこなしています。

営業職なので、ある程度数字を作ってしまえばあとは自由です。

Yさんはメインのパチンコで大赤字です。

そしてサブの競馬で儲けています。

競馬で儲かった分をパチンコへ垂れ流しにしているような感じです。

こちら



わたしからすると、競馬をメインにしてパチンコを辞めればよいのでは、と思います。

ですが、本人としてはパチンコが一番の楽しみのようなので、辞められないそうです。

Yさんはパチンコを辞められれば、きっと良い生活が出来るでしょう。

Yさんはお金が尽きると、サラ金へ借りに行きます。

サラ金へもわたしが送り届けています。

そしてパチンコへと行くのです。

給料日には返済の手続きで大変です。

銀行や郵便局などへ行き、1日がかりです。

わたしは完全に運転手です。

そんなYさんでも、愛嬌がありますし、いつもご馳走してくれるので、全然嫌ではありません。

わたしにお金を借りないというのも、ポイントなのかもしれません。

Yさんは借金が多いですが、ある意味幸せな方なんだと思います。

ピンチな時はキャッシング

私は会社勤めをしている、40代のものです。

仕事はとてもやりがいがありますが、それなりにストレスもたまります。

特に大きな仕事でミスしたときなどいらいらします。

そんな感じで働いているのですが、独身なのであまりお金に困っていません。

あまりお金に困ってないので、給料日になると洋服やゲーム、アイドルのブルーレイなど、

自分の好きなものをたくさん買います。

こちら



特にAKB48のcdをたくさん買うのです。

cdにAKB総選挙の投票チケットが入っているのでたくさん買わないと私の好きなまゆゆの順位を上げることができないのです。

私はまゆゆのファンなのでできるだけCDをかって、まゆゆに投票しなくてはいけません。

ばかげていると思われるかもしれませんが、それだけまゆゆのファンなのです。

それが結構な額になります。

そんな趣味を持っている私ですが、ある時、AKB48の新曲のcdが出たとき、私はまゆゆに投票するため何枚も同じCDをたくさん買いました。ほかにもほしいゲームなども結構買ってしまってきずいたら、口座の残高は数万円になっていました。

次の給料日まではまだ日にちがありましたので、途方にくれていたのですが、サラ金のカードがある事思い出し、

キャッシングで今月はやり過ごそうと思い、近くのATMから10万円ほどキャッシングしました。

そのおかげでその月は難なくやり過ごせました。やはりいつお金がピンチになるかわからないので、キャッシングできるように、ひとつカードを持っておくと助かります。

質屋から始まったサラ金

今でこそサラ金は日本国内に数多く存在しますが、その歴史は浅く、最初にサラ金が誕生してからおよそ半世紀ほどしか経っていないそうです。

こちら

しかし利息をつけてお金を融資するという事は昔から行われており、今のサラ金に似た金融業としては質屋がその代表格です。サラ金の大きな特徴として、無担保、無保証で融資し、金利をつけて返済すると言うシステムとなっています。質屋とは最近では高級ブランドや貴金属類を高く買い取ってもらえるところと言ったイメージが強いですが、本来質屋と言うのは消費者が家にある物品を質屋に持ち込み、質屋の店主はその物品に見合った金額を消費者に融資するというシステムです。この物品と言うのは簡単に言うと担保となります。利息をつけた金額を返済することで担保となっている物品は必然的に返還されますが、万が一返済がなされなかった場合、その物品は必然的に質屋の物となります。最近の流れとしては、質流れ品として、第三者に売られる事が多いようです。物品を担保として考えると、担保融資というのは昔から金融業は行っていましたが、金銭を利息をつけて融資し、それを返済すると言う事となると、今のサラ金の根底には昔から存在する質屋のシステムがり、それを簡素化して出来るだけ多くの人に融資出来るようにしたのが今のサラ金であると考えます。ちなみに質屋というのはいつから存在するかというのは定かではありませんが、テレビの時代劇でもよく登場する事から江戸時代辺りにはすでに普及していたものと思われます。

即日受取クレジットカード
-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>